Craft CMS

DATE 2019.08.11 | UPDATE 2019.08.14

同じ分類のデータでもちょっとだけ入力パターンが異なるといったことにも対応可能

以下でセクションについて紹介しました。

セクションによっては同じ分類としてまとめたいけど微妙に違うパターンがあるようなコンテンツがあったりするかと思います。

例えば「お知らせ」のようなデータを管理するセクションがあった場合に、いくつかのパターンが考えられます。

  • 詳細ページを用意するような原稿を投入していくパターン
  • PDFだけを添付して、お知らせ一覧からPDFを直接開くようにするパターン
  • 別サイトや別コンテンツなどすでに存在しているところへリンクさせるパターン

などが考えられます。

同じセクションに入力パターンを複数設定することができる

セクションに入力パターンを設定するとこのように選択が可能になります。 

セクションの設定画面

エントリの編集画面

これにより同じセクション(この場合はコンテンツ)でありながら、入力欄がそれぞれ異なるパターンを用意できます。

3つのパターンに対応した入力タイプの例

詳細ページを用意するような原稿を投入していくパターン

このようなパターンの入力タイプのフィールドの設定は以下のようになっています。

先程の例がまさにこれです。

入力画面側はこのようになっています。

PDFだけを添付して、お知らせ一覧からPDFを直接開くようにするパターン

このパターンのフィールドの設定は以下のようになります。

入力画面側はこのような感じで、タイトルとPDFを添付するだけのシンプルなパターンになり、わかりやすいでしょう。

別サイトや別コンテンツなどすでに存在しているところへリンクさせるパターン

このパターンのフィールド設定は以下のようになっています。

入力画面側は以下のようになります。

テキストとリンク先の設定だけのわかりやすい内容になっていると思います。

3つの入力パターンがそれぞれ使い方にあった入力欄になっているのがわかるかと思います。

タイトル欄の名前も変えることで迷わない

デフォルトである「タイトル」のフィールド名も表示上は「タイトル」「PDFファイル名」「リンクテキスト」と変わっていて、マニュアルが無くてもわかりやすいかと思います。

CMS 案件ではこのデータを入れるときは「タイトル欄にはXXXに相当するものを、キーワード欄、概要欄にはXXXに相当するものを」といった使い方をすることもあるかもしれません。

それをマニュアル等でフォローしたりすることもできますが、そういったことをせず直感的に入力方法のイメージが伝わるかと思います。

参考リンク

コンテンツ

PAGETOP